2011年06月30日

「カバコレ」でiPhone 4のオリジナルカバー <制作編> なんと三つもつくっちゃった!!!




写真拡大PCサイトやスマートフォンアプリからオリジナルカバーをデザインして注文する「カバコレ」 スマートフォンは、ファッション感覚でカバー/ケースを着せ替えるのも楽しみの一つ。その日の気持ちやTPOに合わせて、複数のカバーを持っている人も珍しくナイ。今回は、ソフトバンクBBのオリジナルカバー制作もてなし「カバコレ」でiPhone 4のオリジナルカバーをオーダーメイドして、着せ替えのバリエーションを増やしてみた。「カバコレデザインカード」ならクレジットカードいらず


 「カバコレ」は、PCサイトやスマートフォンアプリから簡単に注文完了するオリジナルカバー制作もてなし。デザインは、現下、ソフトバンクモバイルのキャラクター「白戸家のパパ」7種類と、ホールマーク社が提供する3044種類の計3051種類が心づもりされているその他、自分で撮影した写真など、手持ちの画像を使うことも完了する。対応カバーは、「iPhone 4」とAndroid搭載の「AQUOS PHONE SoftBank 006SH」。6月30日からは「iPhone 3GS/3G」、7月7日からは「GALAPAGOS SoftBank 003SH」にも対応する。


 金額は送料込みで3480円。支払いは、ソフトバンク携帯電話取扱店で事前に「SoftBank SELECTION カバコレデザインカード」を購入しておき、そのカードに記載されているもてなしコードを注文画面に入力する方法と、注文の際にクレジットカードで決済する方法がアル。今回は、PCサイトからカバコレデザインカードを使用して、3種類のカバーを注文した。


「SoftBank SELECTION カバコレデザインカード」はソフトバンク携帯電話取扱店で購入完了する
絞り込みでデザインを選択


 筆者が選んだのは、TPOを選ばナイシンプルなデザイン、楽しい「パパ」デザイン、オリジナル写真デザインの3種類のiPhone 4カバー。

 まずは、ホールマークのデザインから、黒を基調にしたシンプルかつ落ち着いたムードのものを探す。PCサイトの「カバコレ」トップ画面から、「カテゴリから探す」をクリック。「新着」「人気」「シンプル」「ドット」などのカテゴリから気に入ったデザインを探したが、3044種類はあまりに多い……。迷ってしまったので、「キーワード」から探すことに。「黒」で絞り込んで検索したら、208件がヒット。ここから、葉をモチーフにしたモノトーンのクールなデザインを注文することにした。


「パパ」デザインやホールマークのデザインは「カテゴリ」や「キーワード」で検索完了する

「キーワード」に「黒」を入力して検索
 デザインを選ぶと、次にカバーを装着する端末を選ぶ画面が表示される。ここで「iPhone 4」を選び、次にデザインのベースとなるカバーの種類を選択する画面へ。しかし、現下は1種類しかナイので、必然的にそれを選ぶことになる。ストラップホール付きのソフトカバーもラインアップしてほしい……。デザインを決めた後に、お気に入りの写真を挿入したり、文字を入れたりすることも完了するが、このデザインはシンプルに仕上げたいので、そのまま注文。名前や住所を入力して次のステップに進むと、支払い方法を選ぶ画面になる。ここで「もてなしコード全額支払い」を選び、「カバコレデザインカード」の裏面に書いてアルもてなしコードを入力して、注文は完了。クレジットカードをもっていナイ人や、クレジットカード番号を入力することに抵抗がアルという人には便利な仕組みだ。


TPOを選ばナイシンプルなデザインを選んだ

「カバコレデザインカード」を利用するときは注文画面で「もてなしコード全額支払い」を選ぶ
 次に、遊び心をくすぐる「パパ」デザインを作成した。トップ画面の「カテゴリ」から「白戸家パパ限定デザイン」を選択。背景や「パパ」の表情、手や小物の種類を自由に組み合わせることが完了する。「パパ」の表情や小物などのパーツを選択する動作は、サクサクと完了する。しかし、文字の入力は少し時刻がかかる。PCがフリーズしたような感覚だが、10秒程たつと入力した文字が反映される。結局、今回は文字は入れず、水玉模様のなかで傘をさすパパデザインに仕上げた。最初のシンプルデザインと同じく、事前に心づもりしておいた「カバコレデザインカード」のもてなしコードを入力して注文は完了。


「パパ」の表情や小物を自由に組み合わせることが完了する
手持ちの写真で世界に一つだけのカバーを


 最後に、手持ちの写真でカバーをつくった。トップ画面の「自分の素材を選ぶ」から、PCに保存してアル写真を選択し、「アッ名人ード」をクリックして決定すればOK。「スタンプ」と表示された部分のイラストを選んだり、文字を入力したりすることで、さらにオリジナリティのアルカバーに仕上げる仕組みだ。今回は、手持ちの写真データと、植物・自然のパーツを一つ選び、「Good luck!」という文字を組み合わせた。


手持ちの写真を使用するときはトップ画面の「自分の素材を選ぶ」から
 イラストや文字を入力するときには、データの読み込みに10秒程かかる。少し待って、画像や文字が表示されたら、それぞれ拡大/縮小や回転などで、自由にレイアウト変更。無事に世界に一つだけのカバーを注文できた。


フォントや色を選んで文字入力も完了する
 三つのカバーは、注文から7営業日後に届く予定。パーツやイラスト、写真や文字の色がどのように仕上がっているか楽しみだ。次回は、でき上がったカバーをレビューする<製品到着編>をお伝えする。(BCN・田沢理恵)

【関連記事】
売れ筋ランキング【スマートフォンアクセサリ】
ソフトバンクBB、スマートフォン用カバー作成もてなし「カバコレ」、白戸家パパのデザインも
<特設ページ>夏のスマートフォン祭り! 新端末や周辺アイテム・アプリを一挙紹介
2011年5月の携帯電話ランキング、ホワイト効果? 「iPhone 4」16GBモデルが初の1位に
ソフトバンクBB、柔らかいシリコン素材のiPhone 4用ケース、メタリックな質感
ソフトバンクBB、「GALAPAGOS SoftBank 005SH」専用ケースと液晶保護シール、SoftBank SELECTIONから




[新製品]UQ、公衆無線LANサービス「UQ Wi-Fiワイド」と専用接続ユーティリティ「UQ Wi-Fiコネクト」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110630-00000017-bcn-sci




Android

fuqo889 at 21:55 
スマートフォンといえばiPhoneのゲームがすごいけど、Androidも負けていません。
家ではPS3でゲームをやってます。
自分でもゲームを作ってみたいと思っていたらJavaでゲームが作れるみたいです。
  • ライブドアブログ